サービス

Webリスク

インターネットやスマートフォンの急激な普及により、目的意識の高いユーザーの8割以上がインターネットを利用して評判を調べるようになり、良くも悪くもそこで得た情報により左右される時代となりました。2009年以降、多くの企業様がインターネット上のリスクに関しての意識が高まり、リスクマネジメントを取り入れています。インターネット上に誹謗中傷などネガティブな情報が表示されることによるWebリスクで、採用活動に及ぼすマイナスな影響や、新規取引先からの注文キャンセルなど、 大きなダメージ でお困りの企業様は沢山いらっしゃいます。

レピュテーショナルリスクマネジメント

レピュテーショナルリスク(企業ブランドに関わるリスク)を抑制し、Webコンサルティングを通して企業ブランドの最適化を図ります。

通常、検索ユーザーは上位に表示している情報(キーワード・サイト)から順に見て、興味のある情報を閲覧する傾向にあるため、上位表示すればするほど閲覧率が高くなると一般的には言われております。企業名や商品名などの指名系キーワードを検索するユーザーは、目的意識の高いユーザーだと言えます。しかしながら、検索結果の上位にネガティブな情報が表示されていると、イメージダウンとなるリスクが大幅に高まり、見込みユーザーの機会損失に繋がるケースが発生します。

企業名や商品名などを検索した際に表示されるネガティブな情報を抑制することで、ブランドイメージの回復・向上に繋げます。

検索時のネガティブキーワード抑制イメージ

検索時のネガティブキーワード抑制前

抑制前

検索時のネガティブキーワード抑制後

抑制後

検索時のネガティブサイト抑制イメージ

検索時のネガティブサイト抑制開始時

抑制開始時

検索時のネガティブサイト抑制6ヶ月後

6ヶ月後

検索時のネガティブサイト抑制12ヶ月後

12ヶ月後

サービス内容

お問い合わせ・
ご相談はこちら

最短5分でお見積いたします。お気軽にお問い合わせください。