各種検索エンジン
サジェスト&関連キーワード

ネット上の誹謗中傷・風評被害

各種検索エンジン</br>サジェスト&関連キーワード

Yahoo!・Googleを利用するユーザーの傾向

現在検索エンジンのシェア率はYahoo!とGoogleで約9割を占めています。
また、5年ほど前まではYahoo!が圧倒的に多かったのですが、最近ではYahoo!とGoogleのシェア率はほぼ同じと言われております。

現在パソコンではYahoo!使用率が多く、スマートフォンではGoogleのシェアが多くなっています。Yahoo!を使用するユーザーは、トップ画面の情報が多くニュースなどを素早く見ることができる特徴から、主婦層や女性の方が多く利用されています。

Googleはシンプルなトップ画面の特徴から、ピンポイントに情報を取得することができ、ビジネスマンや男性の多く利用されています。

各種検索エンジンサジェスト&関連キーワード

各種検索エンジンにはユーザーが検索したキーワードに加えて、「その他にもこのようなキーワードで検索されています」というように、検索キーワードの次に多く検索されているキーワードが表示されます。

サジェスト表示

関連検索キーワードは検索ユーザーが、キーワードを追加したり、入力し直したりする手間を減らし、より簡単に目的の情報にアクセスできるよう補助するための機能になります。

この関連キーワードは、検索数の多い順に表示され、1クリックも1検索にカウントされます。この仕組みにより、一度表示されると多数のユーザーにクリックされ、検索数が上昇し、継続的に表示される要因になります。
特にネガティブなキーワードは心理的にクリックしたくなり、他のキーワードよりもクリック率が高いため、一度ネガティブなキーワードが表示されると自然に非表示になることはほとんどないでしょう。

影響

各種関連検索キーワードは検索された際に非常に目立つ箇所に表示されます。関連キーワードにネガティブなキーワードが表示されてしまうと、企業のブランドイメージが低下し、売上が減少してしまった事例や採用活動において内定辞退率が上昇してしまった事例があります。
早急に対策することでこのような事態を防ぐことができます。

企業のブランドイメージ低下 売上減少 内定辞退の増加
出現するキーワード例

対策開始から最短で翌日に非表示にすることが可能です。

関連キーワード対策は弊社にお任せ下さい

弊社では企業様の状況に合わせた「優先順位」や「ご予算」を相談させて頂き、様々なニーズに合わせた対策を提供しております。アルゴリズム解析が比較的容易なためスピード対応で安価に対策ができます。

その他の対策実績はこちら