アンケート

商品購入時の評判に関するアンケート

アンケート

検討中の商品やサービスのネガティブな情報を発見!どうする?

今はインターネットを使用すれば、商品やサービスについて多くの情報を入手できます。公式サイト以外にも、レビューや口コミをいろいろなサイトで見れますよね。検討している商品やサービスがある場合、そのようなサイトをチェックしてみる人も多いのではないでしょうか。
今回は100名の方を対象に、「検討中の商品やサービスのネガティブな情報を発見したらどうする?」というアンケートを実施しました。

商品やサービスを検討中にネガティブな情報を目にしたら、どうしますか?

やっぱり再検討する人が非常に多い!

アンケートの結果、最も多かったのは「再検討する」と答えた人で、86名いました。
  • 品やサービスを検討中にネガティブな情報を目にしたら、さらにいろいろ調べて、よく考える。(40代/女性/専業主婦)
  • ネガティブな情報だけではなく、ポジティブな情報も目にして、総合的に考えます。(20代/男性/契約派遣社員)
  • 幅広く情報を聞いて、いろいろ検討することが大事だと思うから。(40代/女性/無職)
  • 1件程度ならばあまり気にしませんが、複数のネガティブ情報がある場合には、やはり再検討します。(50代/男性/専業主夫)

ネガティブな情報を鵜呑みにせずに総合的に判断する、という意見が多く見られました。ネガティブな情報が真実であるとは限らないので、他の情報も考慮して判断するのは非常に合理的ですよね。
また、ネガティブな情報が多い場合だけ再検討するという人もいました。多くの人の間で不評だと不安になるのは当然といえるでしょう。

人は人!気にせず自分の目で確かめる

アンケートの結果、「気にせず利用する」が2番目に多く、次いで「他社に決める」が多かったです。
  • あくまで情報ですしやっぱり自分の目で確かめたいので自分は気にしませんね(30代/男性/会社員)
  • その商品を使うにあたり、自分の使用方に影響なければ特に問題にしません。分かった上で、気にせず購入すると思います。(40代/男性/会社員)
  • 実際に利用した人にしか分からない情報なので、そういうのを知ったら他社にします。(30代/女性/専業主婦)
  • ネガティブな情報が出た商品は、購入してもネガティブイメージのままだと思うから。(20代/女性/会社員)

「気にせず利用する」と答えた人の多くは、自分で確かめたいと考えているようです。他人に不評であっても自分には良いものであるケースもあるので、自分で確かめたいという気持ちは頷けますよね。
「他社に決める」と答えた人は、ネガティブな情報を全面的に信用する人が多く見られました。また、ネガティブな情報を見てしまうと購入しても気持ちよく利用できないという考えもあるようです。

まとめ

参考にはなるけど情報の信憑性には疑問が残る

アンケートの結果、「再検討する」と「他社に決める」を合わせると9割に達しました。
非常に多くの人が、ネガティブな情報に左右されていることが分かる結果であるといえます。確かにネガティブな情報が参考になることもありますが、情報に踊らされている人もいるのではないでしょうか。レビューや口コミは誰でも書き込めることが多いため、必ずしも信憑性が高いとはいえません。もしネガティブな情報が悪意のある人物による書き込みであった場合、良い商品やサービスを得られる機会を逃してしまうことになります。
また、商品やサービスを提供する企業にとっては風評被害に遭ったといえるもので、素早い対応が必要になるのではないでしょうか?

アンケート実施概要

調査地域
全国
調査対象
年齢不問・男女
調査期間
2016年01月25日~2016年02月08日
有効回答数
100サンプル

その他のご意見

【気にせず利用する】

  • そういうこともあるかもしれない、と頭には入れておいて、あまり期待したいようにするけど、欲しいもの・求めているがそこにあるのなら気にせず利用する。(30代/女性/契約派遣社員)
  • その商品を使うにあたり、自分の使用方に影響なければ特に問題にしません。分かった上で、気にせず購入すると思います。(40代/男性/会社員)
  • 人は悪口の方が印象に残りやすい物なので一々気にしていたら何も選べません。良い口コミよりも悪い口コミの方が圧倒的に多い場合は再検討する場合もありますが、1人や2人が悪い口コミを書いていてもたまたまその人には合わなかったのだと開き直ります。(30代/男性/会社員)
  • あくまで情報ですしやっぱ自分の目で確かめたいので自分は気にしませんね(30代/男性/会社員)
  • 商品やサービスを検討中にネガティブな情報を目にしても、気にしていても仕方がないのできにせずに利用します。(30代/男性/会社員)
  • 商品やサービスを検討中にネガティブな情報を目にしたら気にせず利用すると思う。(50代/男性/会社員)
  • 基本的に2,3件だったら気にしません万人が絶賛する物は無いと思うので。(20代/男性/自由業・フリーランス)

【再検討する】

  • ・商品やサービスを検討中に目がティ部な情報を目にしたら、もう一度考え直して再検討します。(30代/男性/会社員)
  • 一応口コミなどを確認しながら検討するようにするとは思いますね(30代/女性/会社員)
  • 商品を買うのをやめるのがほとんどです、ネットの情報を参考にするほうです。(30代/男性/パートアルバイト)
  • あまりに総数が少ない場合は気にしないが、分母が大きく、またその内でネガティブな意見の方が多い場合は利用した多くの人が否定的に感じている証拠となるので、自分も否定側になる可能性が高くなるため。(20代/女性/学生)
  • 良いと思っていても、やっぱりやめようかなぁと考え直してしまう。評価のいい方を探す。(30代/女性/専業主婦)
  • その情報が私怨的な内容であれば無視して、あくまで客観的で自分もその情報に納得できるかを判断基準にする。(40代/男性/自由業・フリーランス)
  • ネガティブな情報が数多く見つかったら気にするが、ネガティブは少数意見で、それくらい気にしないと思える内容なら利用する。(30代/女性/パートアルバイト)
  • 再検討する。他社の商品、サービスを比較して、決まることのほうが多いと思う。(20代/男性/会社員)
  • 急に気持ちがさめちゃったりしますが、それはどちらでもいいものなんでしょうね。(40代/女性/会社員)
  • 実際にその商品を手に取れる場所まで赴くなどして自分の目で色々確かめることにします。(40代/女性/パートアルバイト)
  • どの商品にも、悪い意見はあると思うから、その悪い内容や、数によって判断する。(40代/女性/パートアルバイト)
  • 口コミなどの情報はとても参考にします。アマゾンで本を購入するときや、化粧品を購入するときなど、宣伝に惑わされずに、消費者の言葉が一番参考になります。(30代/女性/自由業・フリーランス)
  • やっぱり、不安になってしまうので、他のお店のレビューとかを見たりして再検討する。(40代/女性/パートアルバイト)
  • 他に良いものがないかを検討してから商品やサービスを利用したいです。(10代/女性/無職)
  • しっかり自分で調べてからもう一度検討します。なんでも反対意見すればいいと思ってるような方もいますし、他の方の意見はあくまでも参考であって決めるのは自分ですから。(40代/男性/会社員)
  • 1件程度ならばあまり気にしませんが、複数のネガティブ情報がある場合には、やはり再検討します。(50代/男性/専業主夫)
  • ネガティブな情報が事実なのかそうでないか、また事実だったとしたらマイナス面を打ち消すだけのプラス面はあるのかないのか、を再検討すると思います。(30代/女性/会社員)
  • ネットショッピングの際や、飲食店選びの際は口コミでの情報が結構大切。ネットで匿名だとあることないこと書かれているので、鵜呑みにするのも問題だけど。(20代/女性/無職)
  • どうしてもそれじゃないといけないのか、考え直すかなあ・・・?(40代/女性/会社員)
  • 人の意見には結構揺らいでしまうから、再検討する可能性が高い。(20代/女性/無職)
  • 自分にとって不利益になる情報ならば検討しますが、関係なければ気にしない(30代/女性/パートアルバイト)
  • もう少し情報を集めてネガティブな情報に付いて調べて再検討します(30代/男性/自営業(個人事業主))
  • 品やサービスを検討中にネガティブな情報を目にしたら、さらにいろいろ調べて、よく考える。(40代/女性/専業主婦)
  • やはり具体的にネガティブな情報があると躊躇するし他社製品も検討します。(40代/男性/無職)
  • すぐに他社へ決めるのではなく、とりあえずもう一度様々な情報を集め再検討する(40代/女性/パートアルバイト)
  • 自分にとって必要な価値ある情報が見つかるまでいろんなページを探します。(50代/男性/自営業(個人事業主))
  • どんな商品にもネガティブな情報はあると思うが、その割合が多いと感じる時は再検討の必要があると思います。(40代/女性/会社員)
  • 似たような商品やサービスがほかにもないか探した後ない場合ならその商品を購入します(20代/女性/パートアルバイト)
  • 自分の用途や目的に合っていれば、構わず購入するようにしています。(30代/男性/契約派遣社員)
  • 念の為に良い情報と悪い情報を両方調べて、良い面が勝っていればその製品やサービスを利用するようにしている。(20代/男性/パートアルバイト)
  • ネガティブな情報について調べ、冷静で論理的な情報かどうかを見て判断材料にしたいから。(40代/女性/専業主婦)
  • 再検討します。ネガティブの内容によっては買う場合もあります。(30代/男性/無職)
  • やはり、マイナーな気分になる。しかし、気に入った商品ならそのまま進む。(50代/女性/自由業・フリーランス)
  • ネガティブ情報こそが真実だと思うので。良いも悪いも理解したうえで決めたいから。(40代/女性/専業主婦)
  • 情報の内容にもよるが、その商品やサービスをネガティブに感じている人がいるなら、もう少しよく調べたいと思ったので。(40代/女性/専業主婦)
  • マイナスなところがあっても程度によってはそのままでもいいかなと思うからです。(20代/女性/学生)
  • 買う前なら後悔しなくて済む。人の意見はたいてい聞く方だから。(20代/女性/会社員)
  • やはり不安になるので、もう一度考えてみてから決めます・・・。(40代/女性/パートアルバイト)
  • 100%の方が満足するということはありえないので、ネガティブな情報がどのような状況で出てきたのかを、詳しく見てから自分が利用するか否かを決める為です。(30代/女性/パートアルバイト)
  • ネガティブ情報がヒットしたら一度再考の必要性を感じるから。自分にとって不利益をこうむるものだった場合の保険(20代/男性/会社員)
  • 使ったあとに「やっぱり評判(情報)通りだった」と後悔したくないからです。評判が良いものを使いたいと思い、悪いものを使いたくないと思うのは普通の感情だと思います。(30代/女性/無職)
  • 場合にもよりますが、あまりにネガティブな情報が目に留まるようだったらお金の無駄遣いになる可能性もあるので再検討します。(20代/女性/学生)
  • そういった情報が出てきた場合は、商品について調べなおしてから自分に合わないと思ったら別のものに変える。(30代/男性/無職)
  • どこが良くて悪いのかをしっかりと見極めてから利用を検討します。(20代/女性/契約派遣社員)
  • ネットの情報なのでどこまで信じていいのかわからないから、とりあえずそのネガティブな情報の内容についての情報を集めて、よくよく考えて検討すると思うから。(30代/女性/パートアルバイト)
  • ネガティブな情報を見つけたら、その倍は、良い情報を集めないと、購入は躊躇います。しばらく情報探しを続けます。(30代/女性/会社員)
  • そのネガティブな書き込みで、ある程度改善されてると思うので、最新の書き込みを読んで検討する。(20代/女性/専業主婦)
  • 良いと思いそのサービスや商品を検討していても、悪い部分の評価があると躊躇してしまう。けれども、どうしてもそのサービスや商品が欲しい場合は、良い評価の情報を探して自分を納得させる。(40代/女性/自営業(個人事業主))
  • もう一度冷静に考え直すと思ったのでこちらを選ぶことにしました。(20代/女性/専業主婦)
  • あまりにもネガティブ情報が多いときは考え直します。やはり使った人の意見が一番なので。(20代/女性/専業主婦)
  • 比較できるものや代用できるのもがあるのなら、一つの意見だけで左右されることはないので、良い点、悪い点それぞれの情報を探して比較します。(30代/女性/専業主婦)
  • 商品を検討している時にネガティブな情報があったら再検討します。(20代/男性/会社員)
  • その商品のデザインや使用感など、利用者の好みによるネガティブ情報は気にならないが、使い勝手や壊れやすいなど質の悪さの情報ならば再検討する。(50代/女性/パートアルバイト)
  • その情報が正しいか透過が分からないので、情報の信頼性を中心にもう一度検討する。(30代/男性/その他専門職)
  • 感じ方は人によって様々ですが、同じような人がたくさんいたら自分もそう感じるかも、と思うので。(20代/女性/専業主婦)
  • とりあえずもう一度情報を収集してみて自分の中で考えをまとめてみる。そしてそれでも揺るがなかったら利用する。(50代/女性/専業主婦)
  • そのネガティブ情報が自分の選択基準に関わる場合はの真偽について調べてから決めます。(60代/男性/無職)
  • その批評が的を射た意見であるかどうかを吟味したうえで、判断します。自作自演は見抜きたいですね。(40代/男性/会社員)
  • ネガティブな情報の内容によって判断する。自分の許容範囲だったら利用。(30代/女性/会社員)
  • ネガティブさにもよりますが、その情報が嘘か本当か分からないですし心配なのでもう一度自分で、よく調べると思います。(30代/女性/パートアルバイト)
  • どうしても欲しい商品であっても、一回は再検討でネットで調べます。(40代/男性/自営業(個人事業主))
  • 対象物にもよりますが、再検討して、他社の製品を検討し始めます。(60代/男性/無職)
  • 商品やサービスを検討中にネガティブな情報を目にしたら再検討するのでそれを選びました。(30代/男性/会社員)
  • 商品を使用した感想は、一番気になるところ。色々な情報を収集して検討し直す。(40代/男性/パートアルバイト)
  • 特に高価なものや身体に影響のあるものを購入するときは必ず、口コミを見て、検討してから購入するようにしています。口コミでネガティブな意見がある場合は同じように言っている人を探します。何回も同じような意見がある場合は購入しませんが、ポジティブな意見がある程度ある場合は購入します。(10代/女性/学生)
  • ネガティブな情ほうも必要ですが、わかったらわかったで再検討します。(20代/女性/専業主婦)
  • 幅広く情報を聞いて、いろいろ検討することが大事だと思うから。(40代/女性/無職)
  • 主観的なものだから鵜呑みにしないで他の情報を集めてから考えることにしているので。(50代/女性/専業主婦)
  • とりあえずそのネガティブな書き込みを読んで 書き込んだ人が適切に商品やサービスを利用したか、文章にあえて他社を貶める意図が無いか(意外と人柄は文章に出る)判断して 場合によっては再検討する。(50代/女性/専業主婦)
  • なぜなら、自分自身が用心深い性格で、特にお金を使う場面では慎重になるから。(20代/男性/学生)
  • ネガティブな意見こそ大切。結構口コミよかったのに変なの来た!って事がたまーにある。そんな時ネガティブ意見を確認しておくといい。数人でもネガティブな意見があったらその良くない商品に当たる確率がゼロではないので他社もみながら再検討する(20代/女性/専業主婦)
  • 状況を見守りつつ、検討する。あくまで情報であって、自分が試さなければ分からないこともあるので、鵜呑みにはしない。(40代/女性/専業主婦)
  •  まずは、一旦保留にして、ネガティブ情報が信頼できるかどうか調査します。(40代/男性/会社員)
  • 少しでも良いサービスを受けたいので他に良いところが無いか検索し見極めたいからです。(40代/男性/無職)
  • 商品の場合は、どんな人がどうして不満だったのか、自分が購入する目的と照らし合わせて、どれだけのマイナスになるか、他の物が良いのではないか考え直します。サービスは私の場合あまり気にしない事が多いですね。サービスは人によってどう感じるか、差が激しいと思いますのであまり気にしません。(10代/女性/学生)
  • 他の物ともう一度比べて、しっかりと調査をしてから決めると思う(20代/女性/パートアルバイト)
  • ネガティブな情報だけではなく、ポジティブな情報も目にして、総合的に考えます。(20代/男性/契約派遣社員)
  • クチコミや実績を確認して、慎重に対応しないと取引後に公開するから。(40代/男性/会社員)
  • とりあえず再検討はしてみるものの、その情報が正しいものかということは分からないので、最後は自分で決める。(40代/女性/専業主婦)
  • 慎重な性格なので、ネガティブな情報を自分で調べてみてから考える。(40代/女性/会社員)
  • ネガティブなキーワードを含めて検索しながら、再検討をしてみる。(20代/女性/専業主婦)
  • 意見の1つとして検討材料の一つにする。他の物も見て最終的に判断する(40代/女性/専業主婦)
  • 火のない所に煙は立たぬということもありますので、再検討します。(40代/女性/専業主婦)
  • ネガティブな情報は鵜呑みにしないようにしつつも、その情報を参考にして利用するかどうか決める(20代/男性/学生)
  • 価格と商品・サービスの価値を比較して再検討し、「多少商品・サービスが悪くても安ければそれでいい」と思えたら利用する。(40代/男性/会社員)
  • 多機能は機械音痴にとってはむしろ大敵になってしまうように利点は人によってそうならない表裏一体のものだから、自分や第三者からの目として受け止め、自分にとって良いものかどうかを再検討する。(20代/男性/自由業・フリーランス)

【他社に決める】

  • ・ネガティブな情報を目にしたら、買うのをやめます。やっぱり、いいと思われているもののほうがよいので。(40代/女性/専業主婦)
  • ・ネガティブな情報が出た商品は、購入してもネガティブイメージのままだと思うから。(20代/女性/会社員) ・実際に利用した人にしか分からない情報なので、そういうのを知ったら他社にします。(30代/女性/専業主婦) ・実際に使ったことがあったり見て触れたものだったら気にせず購入しますが、ネットショッピングの場合は口コミが悪い場合は購入をやめる。(30代/女性/専業主婦)

【その他】

  • ・ポジティブな情報との割合を考えて、他サイトなどもチェックして、最終的には自分を信じて選ぶ。(20代/女性/自営業(個人事業主))
  • ・ネガティブな情報の中には単に感情的に書き込まれているものもあるので、そういう意見を除外した上でそれでもあまりよくない情報ばかりだと買うのを止めます。(70代/女性/専業主婦) ・まず、その情報が本当に正しいかどうかをしっかり確認します。その上で決定します。(40代/女性/専業主婦)